忍者ブログ

Be a light unto yourself.

【歌詞翻譯】amazarashi - 命にふさわしい

http://www.amazarashi.com/inochinifusawashi/

早幾天已經在tower records預約了CD,到時跟遊戲一起送來。
不得不說我還是為了橫尾畫集才買的……
限定24小時完整版試聽+歌詞放出,不太有期待地聽了一下。
這首曲我還真的挺喜歡,歌詞也寫得很好,就是唱腔…要點時間習慣(翻譯時聽N遍了)
起初翻譯第一句就有點糾結,後面越翻越順。
歌曲原檔因為試了各種方法都沒辦法直接拿到,於是自錄了渣質。
ふさわしい這個字可以譯做「匹配」、「符合」,但自我思量之後還是覺得「相稱」最合適。
まぁただN2程度の解釈ですけどね。
橫尾本人說這次的歌詞除了跟繪本內容相符之外,還有描述automata、replicant、gestalt。
照我看來很大程度能讓我聯想到automata,但是…
「世界を滅ぼすに値する その温もりは」←完全是ニーア對妹妹的看法……

***

 

「命にふさわしい」(與生命相稱)

好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌
(有了喜歡的人 確切地觸碰 瀝青不如泥土 鋼鐵不如肌膚)
無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい
(既然無意識地選擇的 是冰冷不如溫暖的話 那弄髒的臉龐正是 與生命相稱)

身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ
(說是不知自量 如此責罵的傢伙 就把那份不自量力 狠狠地高歌吧)
前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい
(為了前進 而需要理由的話 不管是怒火或是什麼正是 與生命相稱)

こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を
(為了蒸發流出的淚水 太陽高照的早上)
飽きもせず こりもせず 待っている 待っている
(不厭其煩地 不甘心地 一直等待 一直等待)
全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた
(全都化有烏有的那天起 我就一直虎視眈眈地描繪著)
全部が報われる朝を
(那個一切都能得到回報的早晨)

世界を滅ぼすに値する その温もりは
(值得將世界毀滅的 這份溫暖)
二人になれなかった 孤独と孤独では
(無法二人相聚的 孤獨與孤獨)
道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は
(沿途上到底有什麼?受傷就展露笑容的習慣)

そんなに悲しむことなんて無かったのにな
(明明沒什麼要如此悲傷啊)
心さえなかったなら
(因為根本連心都沒有)

友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした
(交到了朋友 彼此分享理想 在必須前往的地方 連步伐也共同一致)
裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい
(就算被背叛亦好 就像在路邊跪倒 沉醉的黎明正是 與生命相稱)

失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど
(雖然為了彌補失去的什麼 而一直在尋找著)
そうじゃなく 喪失も正解と言えるような
(即使不然 喪失也似乎能當成正確答案)
逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない
(期待著逆轉的劇本 而且那決不是不可能)
途絶えた足跡も 旅路と呼べ
(中斷了的足跡 就名為旅途)

世界を欺くに値する 僕らのこれまでは
(值得欺瞞世界的 我們迄今為止也)
一人になれなかった 寂しがりや共が集って
(無法獨自一人 害怕寂寞之人聚集成群)
道すがら何があった? 傷つけて当然な顔して
(沿途上到底有什麼?受傷就展露出一臉理所當然)

そんなに悲しむことなんて無かったのにな
(明明沒什麼要如此悲傷啊)
心さえなかったなら
(因為根本連心都沒有)

愛した物を守りたい故に 壊してしまった数々
(為了守護心愛之物 破壞了的多不勝數)
あっけなく打ち砕かれた 願いの数々
(輕易就被粉碎的 無數願望)
その破片を裸足で渡るような 次の一歩で滑落して
(想要赤腳地越過那碎片 在下一步就滑落掉下)
そこで死んでもいいと 思える一歩こそ
(在那死掉亦無妨 如此想著的一步正是)
ただ、ただ、それこそが 命にふさわしい
(惟有、惟有、這樣才是 與生命相稱)

心を失くすのに値した その喪失は
(值得連心也失去的 那份喪失)
喜びと悲しみは 引き換えじゃなかったはずだ
(喜悅與悲傷 本該不是互相交換的)
道すがら何があった? その答えこそ今の僕で
(沿途上到底有什麼?那個答案正是如今的我)

希望なんて いとも容易く投げ捨てる事はできる
(希望什麼的 很容易就能捨棄掉)
心さえなかったなら
(因為根本連心都沒有)

光と陰
(光與影)

コメント

コメントを書く
PR