忍者ブログ

Be a light unto yourself.

如月律、榊大地 - Silver Lining

※soundcloud貌似把我原帳號給局部性(?)封鎖了…改用馬甲
(對不起冥加的涼鞋マジ難頂但律好帥///////)

算是作為通了大地和律線的紀念?(笑)這首是除了土岐相關曲之外,暫時最喜歡的一首。
歌詞讓人不其然地想到了整個夏天發生的故事,還有颱風的劇情w
大地和律在兩年前分別是我極度討厭的角色和完全沒有興趣的角色,
可是現在對兩位已經很有愛了
星奏什麼的真棒!!!(雖然我還是很想轉學去神南)
之後也會翻掉旁邊メモ那邊記下了的歌曲,反正就是土岐中心啦(喂
這曲子也讓我完全體驗到了小西的美聲,非常清透!(對不起我只常常想起他搞笑的一面)
很輕鬆愉快的旋律,內田和小西的表現也讓我一直想到了部長和副部長的互動。
在歌詞方面律的那方是比較認真一些,有些特殊語尾的都是大地的擔當。
說到最後這歌很正面,很陽光,也很勵志。
但整體的表現卻是很「漂亮」,讓我聽著覺得有點不可思議。

p.s: 雖然好像有一段時間沒翻歌詞了,但自己…對這篇意外地很滿意(おい


***

Silver Lining

歌:如月律(小西克幸)、榊大地(内田夕夜)

作詞:石川絵理/作曲‧編曲:山田高弘
Musicians:
Chorus:山田高弘/Violin & Viola:室屋光一郎
Guitar,Programming & All Other Instruments:山田高弘
Strings Arrangement:中西亮輔

Lalala Lalala Lalala Lalalalalala
Lalala Lalala Lalala
Lalalalalala

明かりを消したように 世界が闇に包まれる
(如同燈光熄滅 世界被黑暗所包圍)
なぎ倒してく強風(かぜ) 叩きつける雨 何もできない
(橫掃的強風 傾瀉的雨水 無計可施)

奏でられないこの時も 未来はきっと近づいてる
(於無法演奏的此刻 未來也想必快要來臨)
信じてやるだけ あきらめずに待ってみよう 明日を
(就只堅信 決不放棄地等待著 明天)

夏の嵐を通り抜ければ またすべてが輝きだす
(若能越過夏之風雨 一切又將閃耀生輝)
洗われた青い空が 無限に連なり続いてく
(被洗滌的藍天 與無限延綿相接)
たとえいまは見えないままでも あの雲の上からいつも
(即使現在仍然無法看見 在那片雲上總是)
太陽は俺たちを 照らしているはず
(會有著太陽 照耀我們)

Lalala Lalala Lalala Lalalalalala
Lalala Lalala Lalala
Lalalalalala

天気ばかりなんて そんなに上手くいかないさ
(只是依賴天氣 可沒有這麼順利的啊)
出来ることをしよう 精一杯やってみなきゃわからない
(來盡力去做吧 不竭盡全力也不會知道結果)

夢を夢で終わらせたら 応えることもかなわない
(任由夢想於夢裡終結的話 也無法將回應實現)
信じよう心を ひとつに合わせて共に 歩けば
(將堅信的心 合而為一 共同邁步前行)

夏の嵐も怖くはないさ 過ぎてしまえば気づくだろう
(夏之風雨並不可怕 雨過天晴後便會發現了吧)
苦しみも吹き飛ばして 澄みきった大気膨らむよ
(將痛苦一吹而散 清澈的空氣更甚擴張)
遠鳴りが途切れた頃にはもう 明るくなってきた空を
(遠處傳來的聲音被打斷之時 已經放晴的天空)
希望に満ちた笑顔で 見上げているだろう
(以充滿希望的笑容 抬頭觀看吧)

これが最後のチャンスだと 胸の鼓動くり返した
(說這是最後的機會 心中的顫動不斷)
わかってる 最初から願いはたったひとつさ
(清楚明白 從最初開始的願望只有一個)
いつでも
(不論何時)

夏の嵐を通り抜ければ またすべてが輝きだす
(若能越過夏之風雨 一切又將閃耀生輝)
洗われた青い空が 無限に連なり続いてく
(被洗滌的藍天 與無限延綿相接)
たとえいまは見えないままでも あの雲の上からいつも
(即使現在仍然無法看見 在那片雲上總是)
太陽は俺たちを 照らしているはず
(會有著太陽 照耀我們)

Lalala Lalala Lalala Lalalalalala
Lalala Lalala Lalala Lalalalalala

コメント

コメントを書く
PR